Logicoolマウスでおすすめはこれだ!

  • 2019年4月27日
  • 2019年5月5日
  • マウス
  • 50view
  • 0件

筆者が利用しているおすすめのマウスをご紹介します。

本業はネットワークエンジニアをしており、主にデスクワークが多いため「良いマウスないかな~」と探していました。

基本はLogicool製で探しており、現場でも利用できるもの、すなわち「無線マウス」が欲しかったのです。

通勤中などにネットで調べていたところ、下記マウスに出会いました。

「Logicool MX Anywhere 2S」



Logicoolの無線マウスの中では高く、当時は1万円ほどの価格でした。(今もかな?)

正直、マウスに1万円も払うなんてバカらしいと思い、当初は見送っていましたが

ボーナスも入ったので良い機会だから購入したところ、非常に使いやすく驚きました。

下記におすすめの点をご紹介していきます。

 

コンパクト・携帯性

正直一番気に入っている点です。

筆者は現場でもPCを触ることがあるため、社外への持ち運びが楽なもの、かさばらないものを求めていました。

本マウスは、かなり軽く・小さいです。

  • 高さ ✕ 幅 ✕ 奥行き:100.3mm ✕ 61.6mm ✕ 34.4mm
  • 重量:106g

バッテリー内蔵型・電池持ち

安いものだと電池式が多く、いつ電池切れになるか不安な点が私は非常に嫌でした。

現場で作業中にマウスの電池切れなんて起きたらもう、恐ろしいですよね・・・。

しかし、本マウスはバッテリーが内蔵されており、電池切れが発生したとしてもパソコンからUSB充電が可能です。

また、バッテリーもかなり長持ちとなっており、フル充電であれば約70日も持つとされています。

そして、3分間充電で8時間使用できる高速充電も可能です。

使い心地

1.ボタン

クリック感は非常に良いです。

今まで2~3千円ほどのマウスを使ってきた中では、やはり値段が高いため品質も良いようで、非常に押し心地は快適です。

また、サイドボタンも押しやすい位置にあり、別途ソフトウェアでカスタマイズ可能です。

 

2.ホイール

今までLogicool系のマウスを利用してきましたが、ホイールはかなり軽めの印象です。

また、深く押すことにより「高速スクロール」にも対応しておりブラウザ閲覧やExcel等でかなり活躍します。

複数端末で利用可能

複数端末で利用可能ですが、これには二通りあります。

1.背面ボタンを利用

背面に3つボタンがあり、最大3端末までボタン押下により使い分けが可能です。

筆者は会社用PCとプライベートPCの2つで分けて利用しています。

2.FLOW機能を利用

こちらは背面ボタン関係なく、複数端末間でマウスカーソルの移動やフォルダ・ファイルの移動が可能です。

本機能を利用するためには、「Logicool Options」を端末にインストールする必要があります。

ボタン動作を細かく設定可能

専用ソフトウェア「Logicool Options」を端末にインストールすることにより各ボタンの動作を細かく設定可能です。

筆者はExcelのシート移動でサイドキーを割り当てて利用しており、かなり便利です。

最後に

筆者も購入してから1年以上利用していますが、今でも現役でバンバン使っています。

デスクワークの方や良いマウスが欲しいと検討されている方は、「Logicool MX Anywhere 2S」を購入してみてはいかがでしょうか。